鎌倉、藤沢、湘南の不動産のことなら何でも
LIXIL不動産ショップ・株式会社イソダへ。

LIXIL不動産ショップ 株式会社イソダ

お電話でのお問い合わせは0467-39-6156営業時間 AM9:00-PM5:30

お電話でのお問い合わせは0467-39-6156

仲介手数料3%+6万円の+6万円って?

仲介手数料とは、不動産会社や仲介会社に支払う手数料

仲介手数料というのは、物件を契約するまでの期間に働いてくれた不動産会社や仲介会社に支払う手数料のことを指します。賃貸や売買の仲介を受けた不動産会社は、お客様のサポートとして一緒に物件を探したり、売り主さんや大家さんとの交渉や契約のための書類作成などさまざまな仕事を行います。

仲介手数料は売買契約が成立して初めて発生する

不動産の取引の仲介では、売買契約が成立したときに不動産会社の仲介手数料の請求権が発生します。(一般的に「成功報酬」といわれています。)したがって、売買契約が成立するまでは、原則として、不動産会社に仲介手数料を支払う必要はありません。

売買契約が成立すると、不動産会社に仲介手数料の請求権が発生しますので、例えば、売買契約成立時に仲介手数料の全額を不動産会社に支払っても、違法というわけではありません。ただし、不動産売買では契約締結時点で引き渡しまで完了していないことが多いことから、一般的には契約締結時に仲介手数料の50%を支払い、引き渡し完了時に残りの50%を支払うことが望ましいとされています。弊社では決済の時点(契約やローンの審査が終わって引き渡しの時点)で全額いただくことがほとんどです。

仲介手数料以外の費用等の取り扱い

通常の仲介業務で不動産会社に発生する費用は、依頼者に請求することはできません。例外的に、依頼者の特別な依頼に基づき発生した広告費用等の「実費」については、請求することが認められています。例えば、依頼者の希望で実施した通常の販売活動では行わない広告宣伝の費用、依頼者の希望で行った遠隔地の購入希望者との交渉のための出張旅費などについては、不動産会社は仲介手数料とは別に請求することができます。

仲介手数料はいくらかかる?

仲介手数料は、以下の通り売買代金の金額区分ごとに上限が定められています。

■仲介手数料の上限額

依頼者の一方から受領できる報酬額
取引額 報酬額 (+消費税がかかります)
取引額200万円以下の金額 取引額の5%以内
取引額200万円を超え400万円以下の金額 取引額の4%以内
取引額400万円を超える金額 取引額の3%以内

 

不動産の売買は400万円を超えることが多いので、仲介手数料は一般的に売買金額×3%+6万円と言われます。(+消費税がかかります)

3%+6万円の6万円とは?

よく+6万円とはどういう意味?と聞かれることがあります。

それは、上記の表のとおり、400万円以下の部分の3%と4%、5%の差額になります。

0~200万円は5%の手数料になるので3%との差額は2%となり、200万円×2%=4万円、また、200~400万円の200万円分は4%の手数料になるので差額は1%となり、200万円×1%=2万円、併せて6万円となります。これが3%+6万円の6万円なのです。

例えば1000万円の売買だとして、表のとおり計算すると

0~200万円の部分は200万円×5%=10万円、200万円~400万円の部分は200万円×4%=8万円、400万円超の部分は600万円×3%=18万円、併せて36万円となります。

1000万円×3%+6万円=36万円と同じになります。

まー当たり前のことをただ当たり前にお話ししただけなのですが、+6万円とは?と聞かれると、すぐにわかりやすく答えられないことがありまして。

最近よくある仲介手数料無料!といったものには裏に何かありますのでご注意ください。(決してすべてが怪しいといった意味ではありません)

 

不動産や建築のことはもちろん相続や資金計画など、なにかお困りのことやご相談がございましたら、湘南・鎌倉で創業96年の建築会社の不動産事業部 リクシル不動産ショップ 株式会社イソダまでお気軽にお問合せください。お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です